fc2ブログ

Welcome to my blog

ベジファス の口コミ!ダイエットに糖と脂肪の吸収を抑える美味しいゼリー♪


ベジファス


ベジファス

糖と脂肪の吸収を抑える美味しいゼリー!

甘いデザートや揚げ物、白いご飯が大好きだけど
食べたいものを食べたいだけ!というような食生活をおくっているとカラダが大変なことになってしまいます(^-^;

食事制限はしていませんが、ある程度は気を付けています。

例えば、夜は炭水化物は摂らないようにするとか
お菓子類は頻度や量を摂りすぎないように考えて食べる等・・・

で、特に注意しているのが1日3食食べる順番です!


野菜サラダを作って、必ず野菜から食べるようにしています(#^.^#)
急激な血糖値の上昇が気になるからです。

順番で言うと白米は最後が正解。

だけど、おかずと白米一緒に食べたい私は
白米だけ単品で食べるのは抵抗あるので、とにかく野菜だけ先に食べるようにしています。


とはいっても、時に野菜を切ってない日や
外食、野菜を食べたくない日もあるわけで・・・そんな日は、素焼きアーモンドやカカオ80%のチョコを食前にパクッと口に入れます。

味のついてないアーモンドやカカオの多いチョコは
血糖値上昇を抑える効果があると聞いたことがあるので気休めに食べます(`-д-;)ゞ

だけど、自分自身一番安心できるのが野菜!

ベジファスはそんな私の願いを叶えてくれるゼリーでした(*^-^*)




ベジファス の特徴


ベジファス
原材料名
難消化性デキストリン(食物繊維)、シークヮーサー果汁、野菜・野草・果実混合発酵液(糖蜜、黒砂糖、ヨモギ、ウコン、その他)、果実酢/酸味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、甘味料(ステビア)、(一部にりんごを含む)


なぜ野菜を先に食べることがダイエットに繋がるのか?

食後の血糖値の上昇が関係しているからで
食べる順番によって血糖値の上がり具合に違いが出るからです。

では、なぜ血糖値が上がりすぎると良くないのか?


食事をすると、血糖値が上がりますが
糖質が多く含まれているパンや白飯を先に食べてしまうと、血糖値が急激に上昇してしまいます。

それを下げるためにインスリンというホルモンが過剰に出てしまいます。

インスリンは摂取した糖などの炭水化物を脂肪に変えて蓄積させてしまうんです。
そして空腹感促す作用もあることから、過剰な食欲の原因にも。

恐ろしいですね><


しかし、食事の時に野菜(食物繊維)を一番先に摂ることで
インスリンの量が少なくなり、血糖値の上昇を緩やかにできます。

よって脂肪の蓄積が抑えられるだけではなく、空腹感を感じにくくなります。

最初に食物繊維を摂るだけで、天国と地獄のような違いがでちゃうんです(;^ω^)

そのような悩みも
ベジファスゼリーを食べことで解消できます♪




ベジファス の成分


ベジファス


☑水溶性食物繊維の難消化性デキストリンが配合されています

食事の時に摂取することにより、小腸での糖や脂肪の吸収を抑えます。
血糖値や血中中性脂肪値の急激な上昇を抑える。

なんと、スティック1本にレタス2個分相当の食物繊維が摂れます。


☑80種類の植物発酵エキスが使用されています

・57種類の薬草類
・10種類の野菜類
・11種類の果実類
・2種類の海藻類

「陶製のかめ」で、じっくりと発酵&熟成させています。


☑デザート感覚で食べれるシークワーサー&レモン風味

沖縄産のシークワーサーと
ツンとした酸味がこないのが特徴的なレモン酢が加えられています。




ベジファス を食べてみました


ベジファス


1本づつ個包装の便利なスティックタイプ❤

携帯や旅行にも便利です。



ベジファス


1日あたり1本を目安に、食前に食べます!

私は野菜を多く摂れない日の1食や、糖質や揚げ物メニューの1食や、3食のうちボリュームがある1食に食べたりしています(*^-^*)

味は、爽やかでスッキリ❤
若干苦みがあるように感じるけど、デザート感覚で食べれて美味しい

たくさんの栄養素が配合されているのに、食べやすくてビックリ!



ベジファス


私は白米とパンが大好き❤

パンを我慢しても1週間のうち2回は食べたい。
小麦粉系は摂りすぎてしまうんですよね・・・

なので必ずベジファスを食前に食べるようにしています。


罪悪感がなくなって、いつもより美味しく感じる(´ω`人)w

冷蔵庫に入れて冷やして食べた方が美味しいけど
外食の時はバッグに入れて持ち歩いています。

安心する❤


ベジファス


応援が励みになります?下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです k-51.gif
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  


ピュアフィールドファンサイト参加中
関連記事

0 Comments

Post a comment